地方の期間工のデメリット

地域によって変わる期間工の仕事

一定の期間工場などで仕事をする期間工は、短期間で高収入を得やすい職業です。サラリーマンに比べるとやや不安定な仕事ですが、すぐに資金が必要な方に向いています。期間工の求人は多くの地域に存在していて、田舎でも工場で働く仕事はあります。ただそのような地域で働く場合は、どのような問題点があるかよく考えなければいけません。地方の仕事は全体的に給料が低くなりやすく、十分な利益を得られない場合があります。求人票などを詳しく調べずに就職すると、自分が欲しい金額の収入を得られないかもしれません。地方の仕事は給料が低めで福利厚生なども十分でないものもあるため、労働環境について詳しく調べてから働くところを決めましょう。

期間工の仕事の問題点

Uターンなどで以前住んでいた地方に帰って働く人もいますが、そのような地域で期間工として働く場合は注意がいります。田舎は都会に比べて仕事の数が少ないため、自分が希望する就職先を見つけられない場合があります。最初から選択肢の少ない地域なので、悪い条件で働くリスクを考えつつ仕事探しをしなければいけません。また地方の期間工は選べる作業内容が限られていて、特別な経験がなと仕事ができない場合があります。十分に経験がない人だと仕事を見つけられない恐れもあるので、地方で暮らすなら事前に地域の求人に関する情報を得ておきましょう。田舎でも大きな自動車工場などがある地域なら好条件の求人が多いので、そういう地域を狙って期間工の仕事を探す方法もあります。

工場などの繁忙期に人手不足を補うため、企業が直接期間限定で従業員を募り、雇った人のことを期間従業員といいます。